金利が安い住宅ローンは審査が厳しい?【ランキング】

憧れのマイホームの購入を検討されている方は多いと思います。

購入する為にはまず住宅ローンを組まなくてはいけません。

住宅ローンは銀行のほかネットバンクや信用金庫などからも申し込みが出来ます。

ローンの申し込みをする際は、金利・審査・諸費用がかかります。

審査時間はだいたい1週間前後のことが多い様です。

ローン金利の決定は契約完了の月の物が採用されます。

諸費用は人それぞれですが、少なくとも数百万単位かかると思っておいても良いでしょう。

住宅を欲しい!と思っても、実際に自分の物になるまでこれらの内容を1つ1つこなしていかないといけません。

一般的には3~4カ月かけて契約が完了します。

今後、新築を希望されている方や既にローンを組んでいる方も気をつけたいのがオーバーローンにならないようにする事です。

このローンの目的は、あくまでも住居を購入するためのものなので他の目的で使用してしまうと法律違反で逮捕されてしまいます。

それで、購入する物件のある程度の価格がいくらなのか?物件を扱う仲介者ともよく相談し決めなければなりません。

またもしもこのような借入れが発覚した場合、これを紹介した不動産会社も同じ罪に問われます。

既に述べたような危険性があるだけでなくデメリットも大きいのでこれからの事を十分考慮して考えましょう。

生涯の中でこれほど大きな金額を扱うことはないであろう、後悔しない住宅ローンを選ぶためにどうしましたか。

将来に備えてお金を借りる銀行を探し中の方も、口コミが他の情報よりも分りやすく参考になる事があります。

ネットでも注目を集めているのが新生銀行です。

何よりも金利が安いというのが人気の秘訣だと言えます。

事務手数料や保証料がいっさいかからないという点、今ならキャンペーン中なのでとてもお勧めです。

けれども中には悪い評価をしている方がいるのも事実です。

自分でも出来る範囲で調べてから相談してみると良いですね。

住宅を購入するという事は誰でも憧れる事ですよね。

ですが、手に入れるまでには住宅ローン審査に通過しないといけません。

現金で家の値段を支払えれば何も問題はありませんがそういった事は一般の方には難しいのが現実です。

ですので、銀行の住宅ローンを利用される方が一般的です。

住宅ローンに関わる審査は、色々あるローンの審査の中でも特別に厳しいと言われています。

35年間支払いが出来ないといけないので、中には審査に落ちる人もいらっしゃいます。

審査に合格しない理由としてあげられるのが収入面の問題です。

住宅ローン審査を通過するには、最低でも300万以上の年収が基準と言われています。

ただ、それだけでなく、勤続年数や会社の規模なども重要な審査材料になります。

今後、自分の家を建てるために準備されている方で支払うためのお金を少しでも親族に援助してもらう方は、是非、贈与税というものを理解しておきましょう。

税金の中でも親族などから貰うお金によって税金が発生するもので仮に、義父母から110万円以上のお金を手渡しされた場合、その内の一割を税金として支払うものです。

110万円以下であれば、税金はかかりません。

他にも年齢や金額によって細かく決められているので、滞りなく返済を済ませるためにいくつかケースを考えましょう。

他にも払うべき手数料や税金について調べておくと安心です。

将来、住宅ローンを組む可能性のある方は、次のポイントを抑えておくと良いでしょう。

最初で最後の大きな買い物になるかもしれません。

ですので低金利だからといってそれだけで選ばないで下さい。

おすすめとしては、実質返済すべき金額を見る事です。

どんなにお得な金利で申込みをしても他の部分で費用がかかると、最終的に実質負担額が増えてしまったという事もあります。

変動金利を選ぶか固定にするかによって金額が変わるので、長い目で考えてどれが一番良い選択かを見極めましょう。

選択に迷った時は評判をみてみるのも一つの方法ですね。

自分の家を購入するときの資金として、頼りになるのが住宅ローンです。

申し込み方法はいたって簡単で職場や自宅近くにある銀行でも良いですし足を運べない。

という場合はネットバンクなども良いでしょう。

または、不動産屋から紹介される金融機関にするやり方もあります。

申し込み後の審査に合格し、支払する時が来た場合約10年に渡り、国から控除が受けられます。

こちらは年末調整では受付できませんので確定申告で申告しなければいけません。

住宅ローンを組む時に皆さんが一番気になるのが金利ではないでしょうか。

住宅ローンの金利をわけると固定金利・変動金利があります。

どちらが良いかはその人が選ぶ事で、銀行側からはオススメなど一切何も言われません。

多くの銀行では、固定金利は高く、変動金利は低く金利が設定されています。

また、固定金利・変動金利、どちらを選ぶかによって審査が変わってくる。

といった事もなく、どちらも公平な審査の元で行われます。

どちらの金利が良いか迷ってしまう時は、その銀行の過去の金利推移などを参考にすると良いでしょう。

もしも、住宅ローンを返済中に失業してしまったら残ったローンをどのように返していったらいいのでしょうか。

何があるか分らないので、把握しておきましょう。

一番は、慌てずに焦らず今の状況を確認しましょう。

私に非はなく会社側の理由で辞めることになったのか、これによって退職給付金の支給額が大きく変わるからです。

会社側の都合であれば、1年間は失業手当が出ますので新たな職場探しをしながら、返済に充てるというのも方法です。

けれども、延滞してしまうと信用を失いローンが組めなくなるので出来る事から一つ一つ確実にこなしていきましょう。

一生の中で最も高い買い物とも言える住宅ローンだからこそ、多少なりとも費用を安くしたいと思うのが当然です。

そこで今回は、安い価格でサービスも充実しているおすすめの銀行をご紹介したいと思います。

『イオン銀行』のローンがお得だととても評判なのです。

どこよりも金利の安さが他の商品を上回り、かつローンを申請している人限定でイオンで買い物をすると、5%も割引されるお得な特典が付いてきます。

お金が入った時に利用したい繰上げ返済の手数料もかかりません。

気になる銀行があれば、比較してみましょう。

今後、自分のマイホームを購入される予定の方は殆どの場合、火災保険の手続きも一緒に行います。

これだけ見積もってもかなりの高額のお金を請求されるのに、敢えて保険料を支払う必要があるのかと思う方も多いと思います。

とはいえ、絶対に家事にならないとは言い切れないですしこの保険に加入していないとその分のローンが残るだけでなく、家が無くなっても支払いを余儀なくされます。

何かあっても問題を解決できるように、申込みをしておけばお金を貸したローン会社もあなたも損をしない選択なのです。

このような理由で、契約を求められるという訳です。

そろそろマイホームかな・・と考えたとき住宅購入時の貸付が頼りになるでしょう。

申し込みした場合、初めに審査があります。

まずそれに通過しないと先には進めません。

重要視されるポイントとしては年収や勤続年数、また場合によっては仕事内容があります。

また、カードローンの使用歴なども厳しくチェックすることがあるのでもし住宅購入を今後真剣に考えているのであれば無謀な使い方はやめましょう。

できれば使わないのが一番良いです。

住宅ローンを申し込もうと思ったらまず、どこの金融機関にローン申し込みをするか決めます。

例えば、銀行・ネットバンク・信用金庫・労金など住宅ローンを申し込める金融機関は数多くあります。

金融機関によって住宅ローンの審査の違いは特に大きな違いはありませんが、店舗が存在しないネットバンクは、取引をすべてネット上で行う事になります。

店舗に行かなくて良い。

という点が非常に好評です。

また店舗がない為、経費節約ができ、金利も低いのが特徴です。

ネットバンクはローン支払いを少なくしたい方や忙しい方におすすめの住宅ローンです。

住宅ローンは、自宅を購入する際に役立ちます。

申し込みは銀行や信用金庫で行っています。

申し込みの時には、銀行側から言われた資料を用意します。

35年という長い期間、多額の現金を貸す訳なので銀行側は、年収と勤続年数に1番こだわり審査をします。

以上の事から、申し込めば確実に通る。

という風な単純なものではありません。

不可。

という場合もあり得ます。

よくある基準として年数は3年以上、年収は300万以上これが最低クリアしなければいけないラインと言われています。

今後、新築を購入する計画を立てている方、実際にどれくらいの費用がかかり、返済期間はどのくらいなのかを細かい数字まで出したい方はシミュレーションしてみましょう。

年に何回かあるボーナス払いを利用するのかしないのか、金利や返済開始月など細かく条件を設定できるので、実際にかかる住宅ローンがいくらなのか分るので参考になります。

最近ではどこの会社も無料で試せるものが多く、人気商品をいくつか比べることも出来るので試してみて下さい。

ただし試算したものはあくまでも目安として考えましょう。

無料相談をしているところもあるので、検討しましょう。

参照:http://www.vociombra.com/housingloan/sinsa.html

住宅ローンを組むにはまず頭金と言う物が必要です。

頭金は一切かかりません!という広告も目にしますが、確かに頭金を支払わなくても購入は可能でしょう。

ただし、月々の返済は多くなります。

月々の返済を少しでも少なくしたいのであれば、やはり頭金を最初に少し支払うのが良いでしょう。

頭金の目安として物件価格の20%と言われていますが、住宅購入には他にも色々な費用がかかりますので目安は20%と言う事で、自分の支払える範囲でやっていくと良いでしょう。

マイホームを持つ。

というのはあこがれるものですよね。

ですが、住宅購入はちょっとやそっとでは出来ず、数千万単位の現金が必要です。

ですから、現金ですぐに支払いをする。

という様なことはまず難しいでしょう。

それでは、住宅ローンを組むにはどうすればいいのか?どこから借金をするのか?一番いい方法は銀行・信用金庫で借り入れする事です。

借金したいところを自分で選んでも良いのですが不動産屋と銀行が連携している場合もありますので、不動産屋に全てお願いしても良いと思います。

今後、新築を購入する計画を立てている方、返済総額はいくらで、期間はどの程度になるのか知りたい方はシミュレーションで試算してみると良いでしょう。

年に何回かあるボーナス払いを利用するのかしないのか、返済を始める月はいつからにするのかまで設定でき、住宅ローンの総返済額を把握できるのでとても便利です。

どこの会社も無料で算出できるサービスが豊富なので、気になる商品があれば試してみると良いですね。

とは言っても、これはあくまでも目安として考えましょう。

もっと聞きたいことなどあれば、直接スタッフに確認しましょう。

夢の私邸を建てるため住宅ローンを申し込んだけど、本審査で落ちたという方が意外にも多いのをご存知ですか。

原因はいくつかあるので詳しくみていきましょう。

もしも年収200~300万円の方は難しいかもしれません。

3年以上務めているか、健康は良好かも判断基準になっています。

過去に一回でも支払いが出来なかった方は、信頼できない人と見なされ審査には通らないでしょう。

それでも納得のいかない方は問い合わせをしたり、カード会社に記録を確認するなど徹底しましょう。

問題なく融資を受けられるように今から準備をしておきましょう。

住宅ローンを申し込もうと思ったらまず、どの金融機関に融資をお願いするか決めないといけません。

ネットバンク・労金・銀行など多くの金融機関で住宅ローンを組めます。

借入する所によって住宅ローンの審査の違いは大きな違いは特にありませんが、店舗が存在しないネットバンクは、取引をすべてネット上で行う事になります。

店舗にわざわざ行く必要がないので非常に好評です。

人件費や店舗運営費が削減できるのでその分金利が低く設定できるのが特徴です。

ネットバンクはローン支払いを少なくしたい方や忙しい方にピッタリの住宅ローンです。

家を購入する際、資金の面で大変頼りになるのが住宅ローンです。

申請する場合は、銀行・信用金庫またはネットバンクなどからも受け付けています。

ただし、どこに申し込みをしようとも審査があります。

重要視される点はどのような職業、勤続年数は何年、年収はいくらか?が主に参考にされます。

あわせて、過去の金銭トラブルなども基準の中に含まれているので仮に思い当たることがあるのならきちんと綺麗に片づけた上で申請されると良いでしょう。

住宅を建てるためには、いくつかローンがありますが、とりわけ、つなぎ融資を利用している方も多いのをご存知ですか。

これは、新しい家を建てるために必要な経費が不足している場合、一時的に補う目的で借りるローンの事です。

大抵の場合本名ローンは家が完成してからでないと始まらないのでそれまでの工事費などは、こうした所から借りるのです。

こちらは、通常金利と比べてもとても高く一日毎に計算されるので一日でも早く手続きを済ませなければなりません。

まずは信用できる銀行を探し、しっかりと内容を確認した上で納得のいくプランを選べるように準備していきましょう。

マイホーム購入資金の調達として頼りになるのが住宅ローンだと思います。

申請方法はとても簡単で金融機関ならどこでも受付ていますしインターネットバンキングでも良いと思います。

または、不動産屋から紹介される金融機関にするといった考えもできますから、ご自身の都合に合わせることが可能です。

申請後の審査に通り、実際の支払が始まった場合10年に渡って控除を受けられます。

その場合、会社で行われる年末調整では受付できないので支払いを開始した年の確定申告へ自分で行く必要があります。

住宅ローンを申し込む際、必ず加入する保険があります。

この保証会社とは「団体信用生命保険」という保険になります。

この保険の内容は、世帯主に命の危険があった場合、残りのローン残金が0円になるという保険です。

これは残されたご家族にローンの負担を残さない様にする為の特別処置です。

どの保証会社かはその銀行によって違いますが保証料は銀行負担という所ケースがほとんどです。

自分が保証料を支払う必要はないので、安心して住宅を選ぶ事が出来ます。

数年以内に、大きな買い物ともいえる住宅ローンを申請したい方は支払い方法としてボーナス払いを選択する前に注意が必要です。

高額なお金が手に入った時にまとめて返せれば、月ごとの返済金額が少なくなるという利点もあります。

但し最近の会社は確実に賞与が与えられるという保証もなく、その年によって大きく変動する場合もあります。

実はそのような理由の為にボーナスの返済を利用している人は、予想外に全体の40%程度しかいないのです。

色々なケースを考えてまとめて返済する事も可能にしたい方は、繰上げ返済を利用してみてはいかがでしょうか。

マイホームの購入は誰でも憧れるものだと思います。

ですが、自分の家を購入する際には必ず住宅ローン審査が必要です。

現金で家の値段を支払えれば何も問題はありませんがそういう方は数少ないですよね。

ですから、一般的には銀行の住宅ローンを申し込む方が多いです。

住宅ローンの審査はローン審査の中でも特別厳しいと言われています。

35年という長期間の支払いが出来ないといけないので、中には審査に通らない方も出てきます。

審査が通らない理由としてあげられるのがやはり収入面です。

住宅ローン審査を通過するには、最低でも300万以上の年収が基準と言われています。

ただ300万円以上あれば良いという訳でなく、勤続年数・どのぐらいの規模の会社か。

という事も重要なポイントです。

今、注目の住宅ローンを選択しようか迷っている方も多いのですがそれよりも固定金利か変動金利かで迷っている方が多数なのです。

というのは、固定の場合決まった金額を支払えばよいので試算しやすく、残りの返済額もすぐに計算できるからです。

けれども、変動の場合は金利によって金額も変わるので全部でいくら返せば良いか明確には分らないのです。

それでも、今は低金利といわれる時代のせいか全体の約40%の方が利用しているというデータがあります。

このような調査結果も出ているので、一つの資料として参考にし後から後悔のない選択が出来ると良いですね。

夢のマイホームを建てたいと考えたときに銀行や信用金庫などから申し込み可能なマイホーム購入時の融資が頼れます。

だけど、数ある中からどこを選べば良いのか?迷ってしまいますよね。

選び方としては、自宅や職場の近くのものを選んだり不動産屋にお任せしたり、ネットバンクなども申し込みをする事ができます。

ですが、どの場合でも審査が必ずあり申し込み者全員が通るといった物ではありませんので、注意してください。

住宅ローンと一言で言っても何種類もの商品があり、どこの会社の商品を選べば良いか分らない、選べずにいるという方がとても多いのです。

自分では決めかねるという方は、アドバイザーに相談した上で融資を受けるというやり方もありますが無料ではありません。

消費者である私達はこれから先も金利を払う義務があるので、有料の相談は受けたくないという方が大半です。

最近は、仲介になってくれる方がFPを兼任している事が多く専門の方に無料で相談する事も出来るのです。

自分で出来る範囲で勉強しておくといいですね。

住宅ローンを検討している方や既に申請されている方も、どんな方も知らないと10年後に知っている人と大きな差がつく、これを見たらすぐに実行したくなる節税の方法をご案内します。

年間で約30万円も差が出るかもしれない方法ですので、途中からでも申込み出来るのか聞いてみましょう。

新しく家を建築された方が申請対象者となれますし、それから、住んでいる家を改装した方が対象になります。

増改築をされた方は5年以上のローン期間が必要です。

今挙げたもの以外でも様々な決まりがあるので、しっかり確認して税金を減らして他の事にお金を使えるようになると良いですね。