教育ローンには審査があるけど通りやすいのはどこなの?

低い金利で借りられる教育ローンと言えば国営の教育一般貸付です。

年1.76%(固定金利)で銀行や信販会社のローンよりもお得です。

銀行の教育ローンは通常3から5%、信販系になると5から10%となりますので国の教育ローンが存外に低金利なのがわかります。

学費以外にアパート代やパソコン購入費など色々な教育資金に利用することができます。

ただし、国の教育ローンは世帯年収の上限額が決まっており、融資の対象となるのは高校や大学を目指す中学校卒業以上の子供になります。

ろうきんは会員が出資し会員同士助けあうことを目的とする非営利団体です。

銀行やノンバンクといった営利目的ではないので2から3%台の低めの金利が特徴的です。

融資限度額は1000万円から2000万円と、教育ローンとしては結構高額でローンの返済期間は15年から20年と長期になります。

一般の人でもローンを組むことはできますがろうきんの会員であれば優遇金利が適用されるケースが多いです。

地方の労金の場合になると、入学金や学費以外にも仕送りや下宿代といった用途も認められている点がユニークです。

学生本人が教育ローンを借りる手続きをするというのは基本的にはできません。

学費目的とはいえ、お金を借りることになりますので借主は貸付契約がきちんと行える人物である必要があります。

そのために借入をする人が成人であることや安定かつ継続した収入があることが不可欠となります。教育ローンには審査があるけど通りやすいのはどこなのでしょうか。

その上、今働いている職場を辞める予定がないことや家賃や光熱費などすべて自分の稼ぎで支払えていることも重要になります。

教育ローンは即日借入れができるかといえば、国の教育ローンはできません。

民間でもできる所とできないところがあります。

ですので、国の教育ローンよりは銀行やノンバンクの教育ローンのほうが審査が通る可能性は高いと思います。

国が貸し付けている教育ローンをご存知ですか?国の教育ローンは日本政策金融公庫という政策金融機関が取り扱っています。

教育一般貸付と言う名前のローンで、最高350万円(海外留学資金の場合は最高450万円)まで借り入れることができます。

金利は年1.76%という低金利となっており固定金利ですので、利子が膨れ上がる心配がありません。

所得や子供の数によって利用可能な年世帯年収の上限額が異なります。

教育ローンには審査があります。審査に通りやすいとか審査が厳しいなど、銀行や消費者金融によって噂がいろいろあるところもあります。

アコムやプロミスのフリーローンは教育費以外、たとえば生活費や仕送りなどにも自由に使うことができます。

借りやすい教育ローンのなかにはアコムなどのように最短即日融資ができる教育ローンもあります。ジャパンネット銀行などはランキングでも上位に掲載されており、WEBでの申し込みもできるそうです。

参照:http://www.roxbytes.com/card-loan/%E6%95%99%E8%82%B2%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B3%E5%8D%B3%E6%97%A5.html

ローンの使途は銀行やノンバンクよりも幅広く受験時の交通費や宿泊費なども認められています。

教育ローンの金利について紹介します。

教育ローンの金利は融資してくれる金融機関によってかなり差があります。

低金利なところでは1%台からありますが、高金利の金融機関では10%近いものもあります。

一般的に「教育ローン」 というのは、商品の特性上、教育だけの使用目的となります。

銀行のローンであれば口座を作ることで金利が低い優遇金利を受けられることもあります。

金利の計算方法は2つの方法があって変動金利と固定金利という違いがあります。

現在は低金利の時代なので固定金利の方がリスクがないと思われます。

教育ローンではいくらまで借りられるかということについてご説明します。

最初に答えを言うと、金融機関によって融資額も様々です。

国の教育ローン(教育一般貸付)は最大限度額が350万円です。

民間の銀行で貸し付けている教育ローンは最大限度額1000万円程度まで貸し付けてくれる銀行もあります。

就学先が医学部や歯学部の場合は、最大融資金額が3000万円という銀行もあります。

一方、ノンバンクの中には学校提携教育ローンというものを用意していることがあり、提携校によって融資額が変わりますので、学校と提携しているローンが1番お得だとは限りません。

教育ローンを比較するのであればランキングサイトの利用がおすすめです。

銀行やノンバンクを回ったり電話で資料請求などしなくても済みます。

一般的に「教育ローン」 というのは、商品の特性上、教育だけの使用目的となります。

金利や借入可能額は表になっているので簡単に比べることができます。

ランキングサイトには、来店の有無やローンのお勧めポイントやメリットなど細かく掲載されているサイトもあります。

銀行のHPへリンクが貼られていることが多いので手間が掛かりません。

教育ローンといえどもローン契約に変わりないので融資を受けるには審査に合格する必要があります。

審査を受ける際にいくつか用意するものがあり、本契約までに全て揃えておかなければなりません。

借入申込書はネット申込みの場合は不要ですが源泉徴収票や確定申告書など、収入証明は必須となります。

ほかに、運転免許書やマイナンバーカードなど本人確認できる書類や住宅ローン(家賃)、公共料金の領収書または支払いが確認できる通帳のコピーも必要です。

ですが、何より一番重要な書類は在学が確認できる書類や合格が確認できる通知、入学許可書です。

アルバイトしながら進学を目指すという方でも収入さえあれば教育ローンを借りることは可能です。ただ審査が通りやすいか厳しいかといえば、微妙なラインといえるでしょう。

但し、ローンが組める人の条件として20歳以上の成人でなければいけません。

ローンを契約するにあたり、安定した収入が必須となっている金融機関も多いので勤続年数が短いと審査に通り辛くなるかもしれません。

返済能力も融資を受ける上で重要なポイントなので最低でも200万円以上の年収は必要になると思っておきましょう。

いずれにせよ、学生自身が借主というのはあまりないことなので奨学金のほうが融資の可能性があると思います。

一般的に「教育ローン」 というのは、商品の特性上、教育だけの使用目的となります。

教育ローンの返済方法を説明します。

教育ローンの返済は借りた月の翌月か翌々月から始まることになります。

利息は借りた日の翌日から発生しますが在学中は利息のみの返済でOKというローンもあります。

教育ローンの返済期間についてですが最長で20年まで借り入れ可能というものがあります。

ですが、返済期間が長引くほど返済金額は大きくなりますので注意が必要です。

教育ローンと言っても要は借金ですから返済シミュレーションを行い、事前に返済プランを確認しましょう。