住宅ローンの銀行はどこがいい?人気ランキングをチェック

自分の家を買う時の支払は現金1回で済ませる。

といったパターンは世間的には数少ないでしょう。

たいていの方は、銀行などから借金としてじぶん銀行の住宅ローンを申し込むのが普通です。

周りでローンを組んでいる人の、何が一番大変か?という話を聞くと毎月の支払を指摘する人が圧倒的です。

人によって、支払は最長35年にもなります。

支払いをしている間は、金利状況も気にしつつ人生何が起こるか解りません。

途中でけがをするかもしれませんし、病気にかかるかもしれません。

だから、慎重にリスクを考えローンを組みましょう。

住宅ローンを組もうと思ったらまず、どこの金融機関に申し込みをするか決めないといけません。

住信SBIネット銀行などのネットバンク・労金・銀行など住宅ローンを取り扱っている金融機関は数多くあります。

金融機関ごとの住宅ローン審査の違いは特に大きな物はありませんが、実店舗がない住信SBIネット銀行などのネットバンクは、各取引をネット上で行います。

実店舗に行かなくて良いのでとても好評です。

また店舗がない分、経費削減ができ金利が低いのも特徴です。

住信SBIネット銀行などのネットバンクはローン支払いを少なくしたい方や忙しい方にピッタリの住宅ローンです。

自分の家を購入したい!と考えた時資金関係で役立つのは住宅ローンです。

銀行や信用金庫からローンの申し込みは出来ますが家を購入する際は不動産屋に足を運ぶ方が多いと思うのでそこで紹介された銀行等に申し込みをしても良いでしょう。

返済期間は人によってまちまちですが最長で35年の借入が可能です。

しかし、この35年というのは申込者の年齢によってはできないこともあります。

たいてい40歳以上の方の申し込みの場合からなかなか難しくなる。

といったケースが多くあります。

これから住宅ローンを組む予定のある方は、手数料がいくらかかるのかしっかり把握しておく必要があります。

全体の約10%が手数料としてかかるようです。

ネットでも評判の金利の安い銀行で申し込んではみたものの、借入れした金額に計算していなかった諸費用を合わせてみたら、さほど、安くなってなかったという事も十分あります。

この為にローン以外の諸費用も細かく調べいくら必要か、これらを総合的に計算してみる必要があります。

実例を挙げると、金利が安くても保証料が高かったりそれ以外で費用がかかる事もあるのでしっかり確認しましょう。

マイホームの資金調達として役立つ住宅ローン申し込みは銀行や信用金庫で行っています。

申し込みの時には、銀行側から言われた資料を用意します。

35年という長い期間、多額の現金を貸す訳なので銀行側は、年収と勤続年数を特に重点的に見て審査をします。

以上の事から、申し込めば確実に通る。

という風な単純なものではありません。

不合格になってしまう人もたくさんです。

よく見られる基準として、年収は300万以上・勤続3年以上これが最低クリアしなければいけないラインと言われています。

今後、住宅ローンを利用する予定のある方、利用中の方もこれから紹介する情報を聞くか聞かないかで10年後に全く変わる早速、実践して頂きたい秘密の節税対策をご紹介します。

申請するのとしないのでは年間約30万円も違うので、気付いた今からでも申請可能か問い合わせてみましょう。

新しく家を建築された方が申請対象者となれますし、もしくは今お住まいの家を増改築した方が当てはまります。

増改築をされた方は5年以上のローン期間が必要です。

今挙げたもの以外でも様々な決まりがあるので、しっかり確認して税金を減らして他の事にお金を使えるようになると良いですね。

住宅ローンを組む際、必ず加入しなければいけない保証会社があります。

その保険は、団体信用生命保険という名前のものです。

団体信用生命保険の内容は、ローンを組む世帯主に万が一の事があった場合、残りのローンが無くなる。

という内容の保険です。

これは残された家族に住宅ローンの残額が残らない様にする特別処置です。

団体信用生命保険の保証会社はその銀行によってちがいますが保証料は銀行が負担してくれる所が多いです。

保証料は自己負担ではないので、安心して住宅を選ぶ事が出来ます。

マイホームを持つ。

というのはあこがれるものですよね。

ですが、住宅購入はちょっとやそっとでは出来ず、数千万単位の現金が必要です。

そこで、現金ですぐに支払いができる。

という様なことはまず難しいでしょう。

では、住宅ローンを組むとき、どこから借金をするのか?色々と方法はありますが、一番オーソドックスなのは銀行や信用金庫といったところでしょう。

自分でどこの銀行から借り入れするか選択しても構わないのですが銀行と不動産屋が連携している可能性もあるので、不動産屋の担当者の人に託しても良いでしょう。

住宅ローンの支払いをしていると思いもよらない現金が手に入る事もあるかと思います。

その様な時は是非、繰り上げ返済を検討してみてください。

繰り上げ返済とは月々のローンとは別のもので、まとまった金額を返済する事です。

繰り上げ返済をすると、ローン元金を減らす事が出来ますので、借入額を根本的に減らす事ができます。

借入額が減るので、月々の返済も楽になります。

繰り上げ返済をする際に手数料がかかる銀行もあります。

将来、中古でも新築でも家を購入される場合は必ずと言ってよいほど火災保険への加入も勧められます。

借入れしたお金を毎月払っていかなければならないのに、高いお金を払う必要があるのかと思う方も多いでしょう。

ただ、もしも火事に遭って家が無くなってしまった場合にこの保険に加入していないとその分のローンが残るだけでなく、住む家がないのにローンを払い続けなければなりません。

万が一何かあっても対処できるように、申請していれば融資する側もあなたも負担がかからない最善の方法です。

こうした場合に必要であることを、把握しておくと良いですね。

きっとこれから先もこれだけ高額な買い物はないといえる、大切な住宅ローンですが何を基準に決定しましたか。

これからローンを組もうと色々探しているという方も、別の銀行で借り換えを考えている方も口コミを見てみましょう。

ネットでも注目を集めているのが新生銀行です。

何よりも金利が安いというのが人気の秘訣だと言えます。

繰上げ返済をしたい場合の手数料も無料でしてくれますし、今ならキャンペーン中なのでとてもお勧めです。

けれども中には悪い評価をしている方がいるのも事実です。

納得がいくまできちんと調べておくと後悔しないでしょう。

新築を建てるには予算がないけれども、何とかしたいそういう時は住宅ローンを中古の物件で検討しましょう。

但し、注意点があるので気をつけましょう。

一つは返済期間が新築の場合と比べて短くなってしまう点です。

理由として、年数が経過しているために安全性が問われ少しでも早く、返済を済ませる必要があるのです。

安さだけで選んでしまうと、後々問題が出てくることもありますし月々の負担が大きくなる可能性もあります。

物件によってはリフォームを必要とする場合もあるので全部で、総支払い額はどれくらいになるか調べておきましょう。

いずれはじぶん銀行の住宅ローンを組んでマイホームを購入する方は、次のポイントを抑えておくと良いでしょう。

生涯の中で一番大きな買い物とも言えるかもしれません。

従って、低金利という理由だけで決めるのは間違いです。

総合でいくら返済すべきかこれを確認する事をおすすめします。

どれほど安い金利であっても他の諸費用がかかってしまうと、最終的に実質負担額が増えてしまったという事もあります。

そしてその時の景気に合わせて変動金利か固定金利かを選択し、将来設計も立てながら全体的に見て検討してみましょう。

選択に迷った時は評判をみてみるのも一つの方法ですね。

新しく家を購入するために住宅ローンを申請したけど、本審査で落ちたという方が意外にも多いのをご存知ですか。

次に紹介する以下の点をまずは確認してみて下さい。

年収が400万円以上であるかどうかこれが大きなポイントです。

申請者の健康状態はどうか勤続年数に問題はないかも問われます。

公共料金などの支払いを忘れてしまったり、遅れると信用に欠ける人と判断されてしまい難しいでしょう。

全て確認して条件を満たしているという方は、今一度きちんと支払いをしているか確認してみて下さい。

融資を受けるためにはこうした下準備が不可欠です。

マイホームの購入資金として利用できるのが住宅ローンです。

申請する場合は、銀行・信用金庫他には住信SBIネット銀行などのネットバンクなどからも申し込み可能です。

とはいえ、どの銀行の場合でも融資実行可能なのかどうか、という審査があります。

大切な点は職業のほか、務めている年数、年収が主なポイントになります。

あわせて、過去の金銭トラブルなども審査基準の判断になりますのでもし心当たりのある方はその点をきちんと整理した上で申し込みをした方が後々自分のためになります。

参考:住宅ローンランキング!銀行どこがいい?【2018年9月のおすすめ】