リフォームローン審査に通らない理由は何だったのか

リフォームローンの頭金はいくらくらいなのか

それはリフォーム業者によって対応が異なります。

工事に取り掛かる前に頭金を用意して下さいと言う業者もいますし工事完了後に全額一括支払いでという施工業者もいます。

リフォームの金額も工事業者によって大分違いますので複数の業者から見積もりを取る方がいいでしょう。

頭金に必要な費用は工事費用の10%から20%くらいが一般的ですが、契約前に先に資材を揃えておくからといきなり資材費を請求してくる業者もいます。

工事業者選びを失敗しないためには事前に契約内容をしっかり確認して、資材の総額などきちんと契約書に記載させることです。

リフォームローンの一体型とは分かりやすくいうとリフォームローンと住宅ローンとがセットになっているローンということです。

中古の住宅を購入し、その後リノベーションを計画しているのであれば一体型ローンがお勧めです。

リフォームローンは住宅ローンと比べて高金利なので一元化することでリフォームの費用も低金利で借りられるのです。

但し、気を付けなければいけない点もいくつかあります。

それは事前審査においてリフォームの見積書が求められたり、申込の際に工事の請負契約書が必要となる場合があります。

従って、中古の物件を探すことと並行してリフォーム業者を探す必要があるのです。

リフォームローン減税について説明します。

リフォームローン減税とは住宅ローンを利用してリフォームをした場合に対象になる減税です。

対象となる工事内容についてですがいくつかの条件があります。

工事内容は耐震改修やバリアフリー、省エネ工事などでしかも100万円を超える場合に適用されます。

減税申請を行う側についても条件が定められており年収3000万円以下で返済期間が10年以上、工事完了から6ヶ月以内に本人が居住することなどがあります。

また、減税は自己申告する必要があるため確定申告が必要となります。

リフォームローン金利比較する場合は評判の良い比較サイトを利用すると良いでしょう。

複数の金融機関が掲載されている比較サイトなら限度額や借入れ条件が分かりやすく紹介されています。

気になる金利や借入限度額など知りたい条件に合わせて並び替えができるのも便利ですよね。

比較サイトによっては金融機関へのリンクが貼ってありますのでクリックするだけで金融機関のHPへ飛べたりもします。

最近はネット銀行が普及してきたので来店不要や全国対応など自宅で申し込めるローンが増えています。

リフォームローンを組むにあたって、いくら借りられるかというのは、リフォーム工事をする上で最重要項目といえます。

でも、住宅ローンと比較して借入限度額はわずか1/10程度となっています。

借入れ可能な最大金額は500万円から1000万円以内がほとんどです。

ですがリフォームローンの金利というものは、2から5%という高い金利に対し返済期間は10年から15年と短いので、借入金額が多いと返済額が大きくなってしまいます。

現実的な返済額をしっかりとシミュレーションすることが大切です。

極力低金利でリフォームローンを借りるためには担保型のローンを選ぶことをおすすめします。

リフォームローンには主に担保形と無担保型と呼ばれるものがあり借入期間や額、金利相場等に相違点があります。

無担保型の場合、借入期間は最長で10年から15年で借入れ可能な上、限金額は500から1000万円ですが、担保型であれば期間は最長で35年、上限金額は1000万円から1億円に跳ね上がります。

金利に関しては長期借入する方が低金利になりますので無担保型は最大約5%に対し担保型最大約2%の低金利になります。

そのうえ、貸付金利タイプでも差があり固定金利と変動金利では変動金利の方が低金利です。

リフォームローンを組むことによって受けることができる控除は所得税ですね。

申告をするとその年の所得税からリフォーム工事費の10%(限度額あり)が還付されるというものです。

対象となるリフォーム内容と限度額については条件があり定められています。

省エネ及び耐震工事、三世代同居の場合は25万円、バリアフリーにするための工事は20万円と決まっています。

共用する控除の要件には自分が所有して住まうことや所得が3000万円以下でなければならないなどが上げられます。

最近話題のアプラスのリフォームローン

Tポイントを貯めることができます。

申込条件には、20歳以上かつ65歳未満の安定収入がある人で融資可能額は10万円以上300万円以内、返済回数は最長84回(7年)というライトなローンなのが特徴的です。

次に金利についてなのですが、アプラスの金利は7.20%から14.40%という少々高めの設定になっています。

家に居ながら申し込みが可能なことや担保・保証人が不要なので小規模なリフォームにはベストマッチです。

返済のシミュレーションも条件を詳細に設定することができますので、興味のある方は、HPをご覧になってみてください。

リフォームローンで受けることができる控除には所得税の控除というものがあります。

控除の申告をするとその年の所得税からリフォーム工事費の10%が還付されます。

対象となるリフォーム内容と限度額については条件が指定されていて定められています。

三世代同居や省エネ、耐震工事の場合は25万円、バリアフリーのするためのリフォーム工事では20万円と定められています。

控除の共用の要件として自分が所有して住むことや所得が3000万円以下でなければならないなどが上げられます。

リフォームローンの一体型とはどういったものかご存知ですか?簡単にいうと住宅ローンとセットになったローンです。

中古住宅を購入してリフォームしたいと考えているなら一体型ローンを視野に入れると良いでしょう。

住宅ローンと比較するとリフォームローンのほうが金利が高いので一体型であればリフォーム費用も低い金利で借入できるというメリットがあります。

但し、注意点としてローンの事前審査でリフォームの見積書が必要になったり、申込の際にリフォーム工事の請負契約書の提出が必要になることがあります。

ですから、物件探しと同時にリフォーム業者を探し、見積もりなどを取っておく必要があるのです。

リフォームローンを探すオススメの方法としてランキングサイトを利用するのが簡単です。

ですが、住宅事情は人それぞれで違いますので一概にネット情報を鵜のみにしてしまうのはいけません。

まず先に、今の住宅で不満なところを洗い出し、リフォームに必要な費用を算出し諸条件にあったリフォームローンを選びましょう。

費用が高額になるようであれば有担保型ローンが低金利のためおすすめですが、低額であれば小回りが利く無担保型ローンが良いでしょう。

また、中古住宅の購入と併せてリフォームを考えている方は一体型のリフォームローンであれば金利を抑えることができます。

楽天にもリフォームローンがあることをご存知ですか?楽天のリフォームローンにはフラット35(リフォーム一体型)といった商品があります。

リフォーム用の工事代金と住宅購入代金とを合わせひとつのローンでまとめて融資が受けられるといった商品です。

2016年10月からは新しいリフォームローン【フラット35】リノベが販売開始になりました。

フラット35(リフォーム一体型)と相違する点は金利の引き下げが受けられることです。

気を付けなければいけないこととして、工事前に適合している基準は対象とならないことや【フラット35】Sとの併用はNGとなっています。

残念なことにリフォームローンに落ちた人はその理由や原因をしっかりと分析する必要があります。

落ちてしまった要因として借入希望金額が高すぎたのかもしれません。

あるいは、勤続年数や雇用形態(正社員・契約社員など)に諸問題が影響したのかもしれません。

例えばマイカーローンの返済中であったりリボ払い、キャッシング額が膨れ上がっているなどカードローンの利用状況というのも実は大きな要因となるのです。

これらの残債をきちんと整理することが審査に受かる近道となります。

周知のとおりリフォームローンの金利相場は市場金利に応じて上がったり下がったりします。

担保があるかないかによっても金利が変わり最近の相場は有担保型なら1から2%、無担保型なら2から5%となっています。

金利タイプを大きく分けると2種類あり変動金利型と固定金利型の2種類に分けることができます。

変動金利型は市場金利に伴って6か月ごとに金利が更新されるというローンで固定金利型は市場金利の変化に関係なく、金利は一定のローンです。

更に固定金利型には完済まで金利が継続される長期固定金利型とある期間内だけ固定になり満了ごとに長期か変動を選択する固定金利選択型があります。